むくみはいずれ脂肪に変わる

むくみの放置は脂肪を増やす

よく、むくみを放置していると脂肪に変わってしまうと聞きますが実際はどうなのでしょうか。確かに、むくみがひどい人は体重が1〜2kg増えてしまうという人もいます。

 

むくみを放置する事は、美容以外に健康面にも悪影響を与えるのですぐに解消する必要があります。そこで、むくみが脂肪に変わるという実態について調べてみました。

 

むくみは細胞にたまった水分

むくみの原因は、細胞の間に滞った余分な水分です。体がリンパ液や血液の流れを上手くコントロールできなくなっていることで引き起こっています。

 

そして、むくみを放置すると水分・老廃物・脂肪が脂肪細胞にたまり、大きな脂肪の塊であるセルライトを生み出します。一般的に脂肪とセルライトは違うもののように説明されているところが多いですが、医学的にはセルライトと脂肪は同じと言われています。

 

結果:むくみの放置は脂肪に変わる!という事がわかりました。セルライトは脂肪が硬くなった状態なので、落とすのがなかなか難しいいです。しかし、落とすことは可能です。

 

むくみとセルライト解消法

セルライトは脂肪と一緒なので燃焼する事で解消する事ができます。しかし、まずは燃焼しやすくするために「柔らかくしてあげる」ことが重要です。

 

お風呂に入って体を温めたら、つまむように揉んであげます。セルライトがある部分は最初は痛みを感じますが、毎日続けているとだんだん痛みがなくなってきます。痛みがなくなったら脂肪が柔らかくなった証拠です。

 

セルライトを解消すれば、むくみの解消にも繋がるので是非毎日続けてみてください。さらに、サプリメントなどと併用して余分な水分や老廃物を体に溜め込まないように予防すると相乗効果が期待されます。

 

むくみ解消サプリ「キュキュっと小町」はこちら